入場料1500円の本屋がオープン 検索機なし、50音順に並べず「あえてバラバラに並べることで偶発的な本との出会い」

入場料1500円の本屋がオープン 検索機なし、50音順に並べず「あえてバラバラに並べることで偶発的な本との出会い」

1 名前:ガーディス ★:2018/12/11(火) 17:04:41.37 ID:CAP_USER9書店「文喫 六本木」がいよいよ12月11日にオープンする。6月に閉店した青山ブックセンター六本木店の跡地にオープンする、文喫 六本木。「入場料を支払って入店する」というシステムが特徴的だ。販売され…

1 名前:ガーディス ★:2018/12/11(火) 17:04:41.37 ID:CAP_USER9

201812-bunkitsu_l_full書店「文喫 六本木」がいよいよ12月11日にオープンする。

6月に閉店した青山ブックセンター六本木店の跡地にオープンする、文喫 六本木。「入場料を支払って入店する」というシステムが特徴的だ。販売される書籍は約3万冊。雑誌を販売するエントランス部分は入場無料だが、そこから先は有料となる。入場料は1,500円。この料金設定は高いのか、安いのか?

「一冊の本を売る本屋」という先鋭的なコンセプトを据えた森岡書店を運営する森岡は、文喫を「世界にも類がない書店」と評し、六本木という土地だからこそ、このコンセプトが世界各地に波及する可能性があると語った。さらに「書店で本を買うことが非日常となり、何十年後かに映画館のような存在として捉えられるのなら、その始まりがこの店だったといえる。日本発のビジネスのあり方として世界に誇れるものになるのではないか」と期待を滲ませた。 (一部抜粋)
https://www.cinra.net/report/201812-bunkitsu

本の検索機はあえて設置しない。ジャンルごとに書棚を分けてはいるが、出版社別や作者の50音順に整理せず、あえてバラバラに並べることで偶発的な本との出会いを仕掛けている。
https://www.asahi.com/sp/articles/ASLDB5G9LLDBUCVL02R.html

続きを読む

記事引用元
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1985434.html

たなかまろ@素直に生きる @garet001

先日、 最近六本木にオープンした『文喫』に 行ってきました! 1500円の入場料がある本屋さんです! コーヒーやお茶は飲み放題、 時間も無制限でゆっくり本が読めます! 周りも若い人が多く、 みんなゆったり本を読んでいるので 居心地がとても良いです!!! 本好きの方はぜひ!!! 文喫 六本木

ほんのひきだし @honhikidashi

【店内レポ】"入場料1,500円の本屋"「文喫」の新しい試み 約3万冊を揃え六本木にオープン | ほんのひきだし

慶應塾生新聞 @jukushin

《本屋の行方》文喫 本屋に入場料? 偶然出会った本と恋に落ちるための本屋 青山ブックセンター六本木店の跡地に昨年12月オープンした「文喫」【】。通常の本屋と大きく異なり、入場料が必要です。その狙いとは? 慶應 慶応 塾生新聞 本屋 六本木 文喫

hiroro @hiroeyzm

本屋で本が売れないこのご時世に、入場料1500円を払って入る本屋が東京にオープンしたそうです。さて、これをどう思いますか? 本屋で本が売れないこのご時世に。 - しつもんで響きあう。

出雲 義和(フリーランスライター) @izupapa0211

【きょうのInstagram】 六本木にオープンした書店「文喫」 本屋さんなのに入場料1500円が必要!? ここは元青山ブックセンターの跡地、今でも当時の遺伝子が引き継がれます。 ボクが取次時代に担当していた書店だったので、懐かしく嬉しい。 今だに「いいね」が絶えない。 文喫 青山ブックセンター

サニーハウスBraganza @machida4580

青山ブックセンター跡地にオープン。入場料のある本屋「文喫」で素敵な本と出合って|MERY [メリー]

コメントを残す