中国の遺伝子編集ベビー、エイズ耐性だけでなくIQも超高い“超人類”の可能性浮上

中国の遺伝子編集ベビー、エイズ耐性だけでなくIQも超高い“超人類”の可能性浮上

1 名前:ニライカナイφ ★:2019/02/23(土) 09:00:29.72 ID:4j30QMBu9◆ 中国ゲノム編集ベビーは「めちゃ賢いスーパーヒューマン」である可能性が浮上世界初のゲノム編集ベビーを誕生させたことで、科学コミュニティから総批判を受けた中国の科学者、賀氏。彼が双子の胚を…

1 名前:ニライカナイφ ★:2019/02/23(土) 09:00:29.72 ID:4j30QMBu9

◆ 中国ゲノム編集ベビーは「めちゃ賢いスーパーヒューマン」である可能性が浮上
1dbe1abbdee6e2f544f08fe698a2世界初のゲノム編集ベビーを誕生させたことで、科学コミュニティから総批判を受けた中国の科学者、賀氏。彼が双子の胚をゲノム操作した目的は、親のHIVを感染させないことでした。しかしこのゲノム編集によって、予想外にも「ものすごく賢い人間」を誕生させた可能性があるようです。

■ CCR5を切り取ると認知能力が向上

中国の双子のDNAからは、CCR5という遺伝子が切り取られていました。CCR5とは、血液細胞の表面にあるタンパク質です。HIVウイルスはCCR5とくっつくことで血液細胞の中に入り込めるようになります(参考:「PubMed」)。よってCCR5を無くしてしまえば、HIVに感染しないというわけです。

しかしもちろん、CCR5はHIVを感染させるために細胞に存在するわけではありません。カリフォルニア大学の神経生物学者であるシルバ氏は、マウスのDNAからCCR5遺伝子を切り取ると、そのマウスが賢くなることを発見しました。

この研究結果からシルバ氏は、「中国で行われた遺伝子操作は、双子の認知機能にも影響する可能性がある」と述べています。また、もともとCCR5がない人は脳卒中からの回復が早いことも雑誌「Cell」に報告されています。
https://news.nicovideo.jp/watch/nw4873008

続きを読む

記事引用元
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1987888.html

新潮講座@7~9月期講座のお申込受付中&開講中 @Shinchokohza

【ロシアで進む遺伝子編集ベビー計画】 中国で遺伝子編集ベビーが報告されたとき、一斉に非難を浴びることになりましたが、現在ロシアでは遺伝子編集ベビーを造る計画が進んでおり、2019年末までには1人目の遺伝子編集ベビーが誕生するかもしれないようです。…

おやじ@AWS SAP勉強中 @oyazi_q9550

中国の遺伝子編集ベビー、短命のリスクも、研究 他の研究者が憤っているってことですね。 元論文はこちら→ 記事はこちら→ ナショジオ ゲノム編集

内藤可夫 @naitohyoshio

中国の遺伝子編集ベビーに「短命」の可能性が浮上 気が遠くなる長い年月にとてつもない回数の分裂やコピーを繰り返しその末に生まれた DNAが、人間が理解できるレベルの単純な構成と機能になっているわけはない。無限回の解析と検証で理解可能になるだろうが実質的に不可能。

💫Prayer💫 @prayer00101

中国の遺伝子編集ベビー、短命のリスクも、研究 (ナショナル ジオグラフィック日本版) - linenews デザインベイビーの運命は神のみぞ知ると思うが、今までの遺伝子操作で長生きしていない。エイズだが何だかわからないが建前だろう。実験に使われているのは確か。

nekola@段ボール残り1コ @uvlb_blvu

中国はこういうとこ勢いすごいなぁ…倫理的な物議を醸し出すのは必然として。 中国の遺伝子編集ベビー、短命のリスクも、研究 (ナショナル ジオグラフィック日本版) - linenews より

小西🌤️02a @conishi524

倫理的に研究することが許されない分野は中国の独壇場よね 遺伝子治療とかゲノム編集みたいな分野でもNGな実験やれそうだし、デザイナーベビーなんかとっくに作ってそう

きとり @perochan404

米国で肥大型心筋症の原因遺伝子を修復した報告がある 昨秋中国でゲノム編集ベビー誕生が報告された 日本の研究者政治家からは 世界から遅れてしまうと不満が漏れる→

the thinking monkey @the_monkey1988

【ゲノムわかりやすくまとめ】 少し前に中国でゲノム編集ベビーが話題になりましたが今後もテックの進歩によりそれらの言葉を目にする機会が増えるであろうから簡単にまとめ。 「生物の作り方」 著者:神 ゲノム:本 染色体:全ページ DNA:…

Tankman-ish @TankmanI

殺人ロボット、遺伝子編集ベビーなどは西洋が倫理基準を作っても中国とかロシアとかがやってしまって、それに対抗するために西洋も研究をはじめて、という原爆開発と同じ過程を経ると思う。 それでミュータント、有り体に言えば奇形の人が増えるのね。「トータル・リコール」の世界みたいなイメージ?

あんあんJapan(*'▽'*)🇯🇵🗾{今日のRT ~選挙 @vergineJapan

今月の月刊中国ニュースは神か悪魔か?と題しています。2018年11月26日に「世界初のデザイナーベビー」が中国で誕生したというニュースが世界を駆け巡りました。受精卵遺伝子に編集を施した渦中の人物について特集しています。詳細は最新号の月刊…

コメントを残す