韓国国防部が証拠として公開したレーダー画面の緯度経度が、「中国上海の東の沖、約200km」だった

韓国国防部が証拠として公開したレーダー画面の緯度経度が、「中国上海の東の沖、約200km」だった

1 名前:名無しさん@涙目です。(東京都) [CH]:2019/01/27(日) 11:29:54.33 ID:BSsyqC6W01月23日に、韓国海軍の「大祚栄」駆逐艦に対して、日本の自衛隊のP-3哨戒機が、距離540m・高度60~70mの「低空威嚇飛行」を行ったと主張した。日本の防衛省は否定した。現場海域/空…

1 名前:名無しさん@涙目です。(東京都) [CH]:2019/01/27(日) 11:29:54.33 ID:BSsyqC6W0

201901261045471月23日に、韓国海軍の「大祚栄」駆逐艦に対して、日本の自衛隊のP-3哨戒機が、距離540m・高度60~70mの「低空威嚇飛行」を行ったと主張した。日本の防衛省は否定した。

現場海域/空域がどこなのか、考えてみました。

1月24日に、韓国国防部が”証拠”という、航空機の「赤外線画像」と、「対空レーダー画面」画像、そしてP-3型航空機の実写画像の、5枚の画像を公開した。

レーダー画面の画像には、航空機の「高度」と一緒に「緯度・経度」の数値が載っている。その緯度経度を地図にのせてみると、「中国の上海市の東の沖、約200km」となる。このあたり。
https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/p/pelicanmemo/20190126/20190126104547.jpg

韓国国防部が公開した、レーダー画面[③?①]に表示されている緯度・経度は「32 00.3N 123 42.9E」。
https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/p/pelicanmemo/20190126/20190126104602.jpg

日本の防空識別圏(ADIZ)の外側であり、日中中間線のさらに大陸側だ。韓国の防空識別圏(KADIZ)の外でもある。国際民間航空機関 (ICAO)が定める飛行情報区(FIR)では、上海FIRに入っている。

日本の海上自衛隊の哨戒機がその空域を哨戒飛行できるものだろうか?韓国海軍の駆逐艦に対して低空飛行できるものだろうか?

その海域/空域で作戦行動中だとしたら、中国空軍の戦闘機がスクランブルして自衛隊機に対して警告をしたり、中国海軍の軍艦が韓国軍艦に対して航行の意図を求めているのではないだろうか?
https://pelicanmemo.hatenablog.com/entry/2019/01/26/123000

続きを読む

記事引用元
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1986873.html

TawaraStar @TawaraStar

韓国国防部?

コメントを残す